2017年03月04日

リハビリ

手首を骨折してから手術、その後はリハビリに通院してます。
骨折したのが10月末、手術したのが11月はじめでしたから、丸四カ月が経過しました。

月に一度の診察で、計測した握力も、左右の差もなくなり、折れた手首の可動域も…少し無理すればほぼ全快(全開?)なとこまできました。
で、先日行った診察で言われたのは、順調に回復してますから、次の診察は二ヶ月後にしましょう。でした。

そんな診察待ちの中、わたしの隣に座った年配の女性。
DSC_1591.jpgわたしと同じ右手首の同じ場所にキズがあります。
思わず、袖を捲り「同じ場所ですか?」と話かけてしまいました。

聞くに、手術はわたしよりも2週間くらい前。
だけど…薬指から手のひらにかけて痺れが残ってて、、痛みもあるらしいです。
手首の可動域もわたしのそれと比べても、全然狭くて…ご苦労されてる様子でした。


全く、同じ箇所を骨折してるわけでもないでしょうし、埋め込んだプレートも違うんでしょうけど
同じ時期に同じような部位を同じような手術をしたにもかかわらず、その回復度合いに違いがあるのは…運、不運なんでしょうか?



広島ブログ
posted by 司馬 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック