2018年04月27日

ボーダレス

広島市内は佐伯区の、結構古い団地の中にDSC00988.jpgローソンとフレスタが合体(?)したお店がオープンしてました。

坂が多く、お年寄りにはツライ団地で、この場所は以前スーパーがありましたが、なかなか経営は芳しくなかった模様。
で…コンビニのローソンにスーパーマーケットのフレスタを合体させたお店がオープン。

通常のコンビニよりは広く、店内にはイートインスペースがあったり、生鮮食品の野菜やお肉、お刺身も置いてあります。
品揃え的にはコンビニ以上スーパーマーケット以下って感じです。

が…このお店があることで、団地内である程度の買い物が完結するってのは住民にとってはいいことでしょうねぇ。。。


最近では、スーパーマーケットもドラッグストアも区別がつかなくなってきてる=ボーダレスな中、コンビニとスーパーマーケットもその差が無くなってきてるような気がします。
イートインスペースを有して広くなってるコンビニ然り、アイテムを絞って売場を縮小して営業時間を長くしたスーパーマーケット然り、他業種ながらお互いが歩み寄ってきてるような雰囲気のお店が増えてきてます。

そんな中、ローソン+他会社のロゴで思い出したのは山陰に行った時にみかけたlow_pop_01.jpgローソンポプラ。
まぁ、こちらはコンビニ+他業態ではなく、コンビニ+コンビニってことでちょっと意味合いが違いますか(汗)





広島ブログ
posted by 司馬 at 22:57| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうなんですよ、コラボで新しいですよね。
団地の方はいろいろ便利そうで、同じような住宅団地で何もない我が町とは違って羨ましいです。
この形態が、これからのスタイルなのかもしれませんね。
Posted by maco at 2018年04月28日 09:30
>macoさん
コメントありがとうございます。

>この形態が、これからのスタイルなのかもしれませんね。
はい、あとは最近のマックスバリューみたいに、コンビニよりも少し大きいけどこれまでのスーパーよりは小さいスーパーも増えていくような気がします。
この「ローソンフレスタ」に関しては、24時間営業にこだわらなくていいんじゃないかと思ったりしてます。
Posted by 司馬 at 2018年04月29日 00:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]