2018年09月10日

デジタルガジェット

先々月に機種変したスマホ。
なんだかんだで3年使ってきてるタブレット。

わたしの中で…
デスクトップPCは「車」
ノートPCは「バイク」
タブレットは「原付バイク」
スマホは「自転車」
そんな位置づけでした。

ガッツリ移動するのなら、「車」デスクトップPC
車を出すまでもなく、身軽に移動するのなら「バイク」ノートPC
ちょっとそこまで移動するのなら「原付バイク」タブレット
日常使いなら「自転車」スマホ

こんなイメージです。


が…「原付バイク」のタブレットよりも「自転車」のスマホの方がスペックが上回ってしまってるわけです。
タブレット:NEXUS7のメモリは2GB、ストレージは16GB
スマホ:Xperia XZ1のメモリは4GB、ストレージは64GB
CPUにしてもそのパフォーマンスはタブレット<スマホです。

つまり、原付よりも快適な電動自転車を買ってしまった状態で…(汗)
タブレットの優位性としてはその、画面の大きさだけになってます。

さすがに書籍関連を観るなら、5.2インチのスマホよりは7インチのタブレットかなって感じです・・・が、Web閲覧でわざわざテザリングしてタブレットを使う頻度が減ってきてて、テザリングするまでもなく、自宅やWi-Fiが繋がるエリアでしかタブレットを使わなくなってきてるってのが現実です。

ん〜、いずれタブレットのNEXUS7を持ち歩かなくなりそうですし、NEXUS7がダメになった後、代替のタブレットを購入するかどうかも怪しい感じですね(汗)





広島ブログ
posted by 司馬 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]