2007年07月26日

ライフライン

今日、中越沖地震の被災地に大雨被害ってNEWSを見ました
心配です。。。被災地の方々におかれましては、避難所での疲労も蓄積されて肉体的にも精神的にも大変だと思うとともにお見舞い申し上げます。

先日、被災地のライフライン復旧の報道を見てました。
やはり地下に埋められている水道管、ガス管よりも、、地上に設置してある電線の復旧が早いんでしょうか
電気は復旧したけど、水道・ガスは未復旧との報道でした。

不謹慎かもしれませんが・・・こういった災害後の復旧時にはオール電化住宅の方がいいのか?って思ったりしましたが・・・

地球温暖化防止の京都議定書に定められてるCO2排出量の削減方法として、、原子力発電の稼動率を上げることで、火力発電の稼動率を下げる
火力発電所の稼動が減るからCO2の排出も減る・・・って、、うる覚えですが、、こんな計画が盛り込まれてたような記憶が。。。

今回の地震よりも前に、各電力会社の隠蔽工作とも取られかねない内部事情が露呈した形で、、原子力発電所の稼動率は低下してます。
で、さらに今回の地震で露呈した原発の安全性(脆弱性?)から、更なる稼動率の低下が予測されます(って・・・実際、柏崎刈羽原発の運転再開までは1年以上かかるって発表されてます)

原子力発電が低下しても、使用してる電力量が減るわけではないですから、その分を他の方法の発電所でカバーしてる(はずです)

つまり、CO2排出量は計画通りに削減出来ず、、削減目標に達さない場合には諸外国へ資金を払う(これまた、うる覚えです)

その資金はどこから?もちろん、、各家庭の電気料金からでしょう。
つまり、CO2削減が出来なければ(っていうか、、このまま原子力発電の稼働率が低下し続ければ)電気料金は値上がりします

人類で唯一の被爆国・日本の被爆地・広島で生まれ育ったわたしにとって、、原発、核、放射能、、、などなど
デリケートな問題を抱えてる以上、原発を容認するわけではありません・・・

生活していくうえで必要不可欠なライフライン
その中の電気・・・
電気を使った対価として支払うお金:電気料金が値上がりするという、、非常に現実的でミクロな話も、ズームバックして、、マクロで見てみると・・・

地球温暖化問題、、核問題などなど・・・色々な問題が見えてくるものです

って事で、、29日は参議院選挙
投票権は国民に与えられた権利です。
投票に行きましょう(と、、最後はタイトルとは全く関係なく突然終わったりします)


posted by 司馬 at 23:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。