2008年07月22日

燃費と高速道路

当たり前の事ながら、、、ストップ&ゴーを繰り返す街中よりも、、走り始めてしまえば停まる事なく、巡航する高速道路の方が燃費がいいです。

一昨日の広島→岡山→広島とほぼ、高速を使った移動後の今日、満タン法で燃費を計算しますと・・・
トリップ479キロに対して32.8L・・・リッター当たり14.6キロでした。
余りの暑さに停車中もアイドリングだったりしたので。。。やはり、高速道路での燃費は約15キロってとこでしょう。

日常の足として使ってるときの燃費は・・・・・・正直、、悪いです。
見てくれだけで、、ただのウェイトと化してるエアロや、、これまた見てくれだけの17インチホイールによるバネ下過重のUP。
そして、、20年間で25キロも増えてしまった体重(笑)。。。。すべてがチョコチョコと停まる→発進を繰り返す街中での燃費が悪化する条件が揃いに揃ってます。。orz
で、、実際の街中での燃費はというと。。。だいたいリッター10〜11キロです(汗)

と、前置き。。。っていうか前提条件(?)はここまでで、本題です。

今日、高速を2区間。。。料金にして900円の距離を移動しました。
出発地点と目的地がそれぞれ、、ICの近くだったこともあり、色々計算してみました。

A:ナビの有料道路回避で検索すると
  距離45.6キロ 所要時間1時間31分

B:普通に高速を利用したルート検索だと
  距離31.2キロ 所要時間24分

Aは一般道ですからリッター11キロで走るとして
45.6÷11=4.15L消費@173円として、消費したガソリン代は717.95円
Bは高速道路ですからリッター15キロで走るとして
31.2÷15=2.08L消費@173円として、消費したガソリン代は359.84円

高速を使ったのは夕方5時過ぎ
一般道は、、ラジオの交通情報で必ず、○○交差点付近を先頭に△△方面に向かって5キロの渋滞。。。とかアナウンスされてる渋滞道路です。
高速道路は、交通量は若干、多くとも普通に80キロで巡航できますし、、、(ここからが重要(笑)
ETCによる通勤割引の適用時間&距離です。

つまり・・・
一般道で1時間半以上かかって走って掛かった費用は717.95円
高速で30分弱走って掛かった費用は359.84円+450円=809.84円
その差、、わずかに91.89円

100円未満の差額なら・・・・
途中、歩行者も歩いてる、、自転車も走ってる、、暑くてイライラしてる車も多く、危険な渋滞の中を走るよりも、快適に(?)高速を使った方がお得だと思います。
この差額が小さくなってるのも・・・ガソリン単価が跳ね上がってるからなんですけどねぇ。。。

高速を使って多く払ったお金・・・・・・92円
渋滞もなく快適に過ごした30分と浮いた1時間・・・・・プライスレス。。。
posted by 司馬 at 22:55| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする