2009年05月19日

ロードインデックス

本家:COLTishの掲示板で、タイヤの空気圧についての質問を頂きました。
question.jpg

レンタル掲示板ですので、時が経つと・・・ログが流れてしまうって事と、、、若干、補足が必要かなぁ。。。と思い、今日はタイヤについて綴ります。

タイトルロードインデックスってのは・・・
205.40.17.jpgタイヤのサイドに刻印されてるサイズの一番後ろの部分のこと
今、わたしが装着してるタイヤは・・・・・205/40 R17 80W
205はタイヤの幅
40は扁平率
R17はホイールのインチ
80がロードインデックス
Wが最高速度(で、よかったかな。。。汗)

80ってのが、このタイヤのロードインデックス。
このタイヤが耐えられる(?)重量の値って認識です。
80がどれだけの重さに耐えれるか?ってのは全く知りませんが(笑)、インチアップした際の空気圧を決める(?)のには必要だって認識です。
この80がどれだけの過重に耐えられるか?は置いといて(笑)とりあえず、この80って値だけを覚えておきます。

で、運転席ドアの部分に貼ってある、、こんなのP1000766.JPGを確認します。

標準装備のタイヤのサイズと、そのサイズの空気圧が記載されてるはずです。
ちなみにわたしのコルト(1300のNA)の標準サイズは・・・175/65R14 82Sとなってます。
で、その標準サイズの空気圧は2.2K

ここで、さっき覚えておいた40タイヤのロードインデックス=80の登場(?)です。
純正のロードインデックスが82で、インチアップしたタイヤのそれが80
82-80は2、、、標準サイズの空気圧が2.2K

このロードインデックスが小さくなれば、その値×0.1を標準サイズの空気圧に+すれば、インチアップしたタイヤを装着する際に、過重に耐えれる=適正な空気圧って認識です(間違ってたらごめんなさい)

2.2+(2×0.1)=2.4Kになりますが・・・純正の状態よりも、エアロが装着されてたり、、ここ数年、わたしの過重が増加傾向(笑)にありますので・・・心持ち(?)増やして2.5Kを充填してます。


厳密にいえば、車検証に記載の前軸過重、後軸過重で前後の空気圧を変えるのが正しいんでしょうけど・・・まぁ、そこまでして、前後ローテーションの時に面倒だなぁ。。。ってのが本音で(汗)
前後とも同じ空気圧:2.5Kにしてます。

膨張率の低い窒素を充填した方が、夏場や高速移動中にも、タイヤ内の空気圧変化が少なくてイイ(はず)ってことで、タイヤ購入時には、窒素を充填してました(過去形)が、先日のタイヤの内外組み換えの時には・・・そのままエアを充填してますので、意味ないです。。。orz

と、まぁ・・・一貫性がなかったりもしますが、扁平率が低くなれば、空気(窒素?(笑)が抜けてても中々、見た目では気が付きにくいですし、使い古された言葉ではありますが
「タイヤは命を乗せてます」ですから(笑)

日々・・・は無理だとしても、月に1回は、空気圧の点検はしたいものです。



posted by 司馬 at 22:28| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | コルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。