2009年07月08日

ありがた迷惑

先日、10時間弱を要したダウンロードによってアップグレードしたHDDナビ。
地図情報の他にもいろいろなプログラムが配信されてた模様。

その更新されたプログラムの中にtopics.jpg
■渋滞情報の対象道路が全道路(細街路を除く)まで拡大

従来のスマートループ渋滞情報でカバーする対象道路約33万kmが、約70万kmにおよぶ全道路に拡大します。

なんてのがありました。
スマートループの渋滞情報はホンダのインターナビの渋滞情報と乗りあってるらしいし、、ビーコンからの渋滞情報ってのは、幹線道路のみってことを考えると・・・この、スマートループ(インターナビ)の渋滞情報がカバーする道路の拡大ってのは嬉しいですねぇ。。。


と、思ったのは、アップグレードする前まで(笑)
P1000909.JPG実際の画面で確認すると・・・・細かすぎる。。。orz
っていうか、、ビーコンの渋滞情報は実線、スマートループの渋滞情報は点線で、それぞれ、軽い渋滞(?)がオレンジ色、スゴイ渋滞(笑)が赤色で表示されてます。

スマートループで表示される『渋滞』の定義って???どうなってるんでしょうか???
サーバ上にUPされたスマートループの走行ログを、その道路に対する平均速度で渋滞か否かを判断してると仮定すると、このエラク細かい渋滞情報の理由もわかるような気がします。

渋滞の長さをそれぞれの線の長さで表してるんだと思いますが・・・
・点線
・オレンジ色
・短い矢印
この表示が多発してるのが、団地の中の格子状の道路。。。つまり、住宅街の中の生活道路です。
走行ログの平均速度で渋滞を判断してるとして、これらの生活道路ってのは、いつ?人が飛び出すかもしれないって思って、おのずと速度は低速になります。
その安全運転してる走行ログを、速度が低い=渋滞と判断して、表示してるような気がします。

今日は、奥さんが東京出張ってことで、空港へお迎えに行きました。
羽田発広島行の最終便で、広島空港着は21時。
その21時過ぎ、広島空港で停車中のナビの画面
P1000908.JPGターミナル前の道路が渋滞してるわけないデショ(笑)
飛行機が着く前の田舎の空港ですから・・・実際、この表示になってる時、わたしの目の前に広がる道路はほとんど車が走ってません(汗)
おそらく、ここをゆっくりと走行した人のデータがこの「点線」で「オレンジ色」な渋滞情報として表示されてるんだと思います。

以前、このスマートループ情報の信憑性について綴ったことがありました。
その時には
「スマートループの情報で地図上に渋滞表示されてる道路の8割くらいは・・・渋滞してなかったりします(笑)ただ、ビーコンが設置されてない道路を網羅してるってことで、FM・ビーコン・スマートループの情報で渋滞してない道路は、本当に渋滞してない道路です。」

んな内容を綴ってましたが、今回のアップグレードによる対象道路拡大で、、渋滞表示されてる道路が渋滞してない確率は・・・以前の8割くらいから9割5分くらいまでハネ上がったんじゃないでしょうか。。。

で、実際、画面がこれだけ渋滞表示をしてると・・地図が見難くなってるってのが第一印象。
まぁ、情報が多く表示されるってのはイイ事なんですが

なんとなく、この対象道路の拡大は・・・タイトル「ありがた迷惑」かなぁと思ったのでした。



posted by 司馬 at 23:40| 広島 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。