2009年10月02日

アゴが外れる

よく、マンガで、、愕然とした時の表現として、ガッツリと下アゴが外れて、ガク〜ンと下に下がってる表現がされてます。

別に、、うちのコルトが愕然としてるわけではありませんが・・・
ポリプロピレンでフニャフニャ(笑)なバンパーに、ただのバラストを化してるハーフエアロを装着してるからか、日々、バンパーが下がってきてて、、そのバンパーが下がってる様がまるで、冒頭綴ったようなマンガのようだなぁと感じてたりします(汗)

にしても、、ここ数週間、、えらくFバンパーとグリルとの隙間が大きくなってるなぁ。。。と、いうよりは、それまでFスポイラーの先を擦らなかった場所で、、ズリズリと擦るなぁと思ってました。

で、昨日のオイル交換&タイヤローテの際に、、ふと・・・Fナンバーを取り外してみると
R0011446.jpgナンバー裏のピンを留める部分が・・・思いっきり割れてます。

画像は、ピンを留めた状態ですが、ナンバーを外した状態では、この黒いピンは吹っ飛んだのか。。。無い状態で、、ピンの穴が2センチはズレた状態でした。

ってことは、、2センチはFスポイラーの下部が下に下がってたってことです。
そりゃぁ、これまで擦らなかった場所でもズリズリとスポイラー下部を擦るわけです(汗)

とりあえず、破損した箇所の修繕は・・・材質的(PPT)にも不可能ってことで、、慰め的に、ピンを装着してます(ピンを装着した状態ではバンパーの下がりもなくなってます)

でも、ちょっとの振動で、このピンが飛ぶのは必至でして・・・
今後の対応をどうしようかと悩んでるのでした。


posted by 司馬 at 00:00| 広島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | コルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。