2010年01月25日

セル

タイトル「セル」は・・・別にレンタルDVDに対するセルDVD・・・ではなく(笑)
ドラゴンボールの「セル」でもなく(汗)

昨日の夜、NHKで放送されてたNHKスペシャル「メイド・イン・ジャパンの命運」で取り上げられてたTOSHIBAのプロセッサ「セル」のことです。

先月、、家電量販店で実機を触って・・・こりゃぁスゲェやって感心した「CELL REGZA」の開発をフューチャーしながら「MADE IN JAPAN」とは?何ぞや?っていうか、、過去のMADE IN JAPANの意義と、これからの意義。。。みたいな内容でした。

40年前、世界で出荷量が1になったMADE IN JAPANのカラーTV
手先の器用な日本人だからこそ、、精密な基盤への正確な半田付けによる、故障の少なさ
職人の手による微調整が高画質を生んでた=MADE IN JAPANが選ばれた理由だった(過去形)

でも、今の時代は・・・プロセッサとそれを動かすソフトウェアによって・・・
クオリティの高いTVが人件費の安い中国で作られてます。
出荷前に、職人さんが微調整することで維持してた高画質を、、半導体のメモリーで処理することで維持できるようになってる。。。

シュアをアジア圏に奪われる中、、日本にしか出来ない技術を使ったMADE IN JAPANを残そうとするメーカー・・・

んな感じの番組内容でしたが・・・・・・


まぁ、、実機を触ったからではないですが、値段は置いといて(笑)
CELL REGZAってのはスゴイです。
その昔、TVってのはオンデマンドで見るものでした。
VHSってのが出てからは、見たいものを録画しておいて、見れる時間に見る。
このVHSがDVDになり、HDDになり、、、BDになりと、、記録媒体は変われど、、

まずは番組表等で、、見たい番組=録画したい番組を探すことが一番最初でした。
その見たい=録画したいモノを決めてから、録画するって作業があって、、見れる時間(空いた時間?)に見る。
これが、これまでのTV番組の楽しみ方(?)だったと思います。

それが、CELL REGZAだと・・・
全部のチャネルの全番組を録画(記録)しておくってのが前提。
その記録された全番組の中から、見たいものをセレクトして残して、それ以外を捨てる(笑)

見たいものを選んで録画するのではなく、、見たいもの意外を消去するってのはコロンブスの卵的発想だと思います。

ただ、、番組の中で・・・
11チューナー、、それを記録する3TバイトのHDD、、、それらを制御するセルプロセッサを動かすソフトウェアを開発してる画面がチラリと映ってましたが・・・
確実に、WINな窓の中で開発されてました(汗)

で、、実際に組み上がったTVにソフトウェアをインストールする作業は・・・USBメモリーをザクって凸んでました。。。orz


もちろん、、プログラム言語が何かはわかりませんが、12月に発売されたCELL REGZAが2ヶ月前の10月時点で、、バグだらけで、、フリーズが連発してたってことと、、WIN上でソフトウェアが開発されてたことが驚きでした。

ただ、、モノを作る=人の手を介する=人件費が掛かるってことは、、人件費の安い国程、、有利なのは今後も継続するでしょうから・・・
なんとなく、、これから先のMADE IN JAPANは・・・モノではなく、、ソフト
ソフトといってもアプリケーションじゃなくて、セコムやヤマト、、などのシステム一式を輸出した方がいいような・・・そんな考えが過ぎった番組でした<NHKスペシャル


とりあえず、、CELL REGZAは・・・
廉価版として、6チューナーくらいで24時間タイムシフト出来るチューナーのみ(笑)を、、10万円くらいで出してくれないですかねぇ(汗)


posted by 司馬 at 23:57| 広島 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。