2010年03月25日

専門用語

指先に雑菌が入り、ヒドイことになってしまい、、サクっと(ザクっと?)手術(処置?)したことを綴りました。

傷口にガーゼを巻いてますから、、毎日、病院へいって、ガーゼを換えてもらうと同時に、傷口を確認してもらってます。

ガーゼを当てた上からネットでカバーしてる状態で、人と会ってお話してますと・・・相手の視線は確実に白い親指に注がれてます(汗)
ってことで、会った人には、、まず、指がどうなって今、こういう状態なのかを説明してから、、本題(?)に入るようにしてます(笑)

その指の経緯(?)を説明する際、、指の先にバイ菌が入って・・・手術して・・・と順を追って説明しますが、何か簡単に説明できないかなぁと思い、病院で先生に傷口を診てもらってるときに聞いてみました。

「骨が折れたのって・・・骨折って言いますよね。。。こけて、、膝を擦り剥いたのって擦過傷なんて言い方もありますよね。。。先生、、わたしのこの指先の状態って何て呼べばいいんですか?」
って問いに先生は
「これは『ひょうそ』っていいます」と返事。

「ひょ???ひょうそ???ってどんな字ですか?」
「やまいだれに投票の票、、」と言いながら、メモに書いてもらいました。
hyouso.JPG

えっと・・・人から「その指、どうした?」って聞かれて「あっ、これは『ひょうそ』です」って答えたとして・・・
誰も理解してくれないような気がします(汗)

にしても、こんな漢字を知ってて、サクっと書いてしまうお医者さんは・・・やはりスゴいゎと、、わけのわかんないとこに感心したのでした(笑)
posted by 司馬 at 22:18| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする