2011年06月14日

単価と喫煙

元喫煙者(笑)のわたし。。。(煙絶ちして1年半を超えたから・・・休煙ではなく、、元喫煙者と言っていいでしょう)

以前、喫煙してた時期、非喫煙の同僚と、ファミレスで昼ご飯を食べてた時のこと。
わたしを筆頭に、、喫煙者は・・・コストパフォーマンスの高い(笑)日替わりランチを頼む中、タバコを嗜まない方々は・・・ちょいとお値段が高めのセットメニューを頼んでました。

ちょいと高めのメニューを頼む同僚に「おっ!お昼ご飯に・・・それだけ出せるなんて・・・贅沢だねぇ。。。。」なんて茶化すと。。。
頼んだメニュー代金は・・・日替わりランチ+タバコ1箱の合計よりも安いですから(汗)って凸まれてました(笑)
つまり、喫煙者が選ぶ安いランチメニューよりも、、非喫煙者が選ぶちょいと高めのランチメニューの方が安いってことです。


なんてことを思い出しながら食べた昨日のお昼ご飯


どちらかといえば、、昨日のお昼は単価の高いファミレスでしたが、その分煙されてる店内を見渡すと・・・
禁煙スペース:喫煙スペースの、、お客さんの比率は・・・禁煙:喫煙=9:1。。っていうより、、喫煙スペースのお客さんは皆無(汗)
同じようなファミレスでも・・・単価の安いお店。。。(正直、昨日のお店と比べると、、約半分に近い単価設定のチェーン店)だと・・・
禁煙スペース:喫煙スペースの、、お客さんの比率は・・・禁煙:喫煙=2:8って感じです。

タバコ代を必要とする喫煙者が・・・飲食店において、その単価設定の低いお店をセレクトするのは自然の摂理なのかなぁ。。。と思いつつ
単価が安い飲食店に行けば行くほど、、そのお店の喫煙率が高くなるのは・・・どうしてなのかな????って疑問も沸いたのでした(汗)

posted by 司馬 at 22:25| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする