2012年01月14日

人が運転する車の助手席

今週、タイトルよろしく「人が運転する車の助手席」に座って移動したりしましたが・・・

普段、自分が運転してる感覚との違い(前走車との車間距離だったり、ブレーキを踏み始めるポイントだったり)が自分のそれと違いすぎて、肩がこってんじゃない?って思うくらいに、身体のいたるところに力が入ってたみたいです。

その人の運転、とにかく車間距離が近い(汗)
法定速度が50Kの幹線道路で、40〜50Kで巡航するような走行シーンでも・・・
前走車のバンパーに位置するナンバーが見えるか見えないかくらいの車間距離(汗)
わたしが前の車を運転してたら、後ろの車、煽ってる?って思うくらいの距離です。

車の乗せてもらっておいて、、その運転に意見するのもなぁ。。。って思ってましたが
「車間距離、近いよ」って言ってしまいました(汗)
が・・・運転手さんは「は?いつも、これくらいだしぃ。。。これ以上、車間距離空けてると、、割り込まれて到着時間が遅れるでしょ?」と返事。

いやいや、割り込まれた直後に、自車位置が数メートル後ろに瞬間移動するわけでもないんだから、割り込まれたからって到着時間が遅れるわけないでしょ(笑)
それよりも車間距離を詰めることによって発生するブレーキランプの点灯で、、数キロ後ろで自然渋滞が発生してるよ。
適度や車間距離を保ちつつ、ブレーキを踏まない方が渋滞を誘発しないんだよと説明しても、、
同じ台数の車が、同じ道路を走ってると仮定すれば・・・
車間距離を詰めた方が、車+車間距離のトータル距離(長さ?)が少なく(短く?)なるんだから、車間距離は詰めれるだけ詰めたほうが渋滞軽減になってると力説する運転手さん。

ま、まぁ・・・渋滞の議論は置いておいて・・・
(普段の自分の運転と比較して)車間距離はもう少し空けて欲しいし、ブレーキのタイミングも遅い。。。
その運転に対して「いつかオカマ掘るよ」って言ったら、これまでの数少ない (笑)事故は全部、オカマを掘ってるけど、それは前の車が急ブレーキだったからだしって言われちゃいました(汗)

いや・・・だ・か・ら、、車間距離を確保してれば凸んでないんじゃない?と・・・心の中で言いつつ、この人の運転する車にはもう乗ることはないなと思ったのでした。


posted by 司馬 at 00:00| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。