2012年02月05日

方言

番組の制作スタッフに放送作家がクレジットされてる時点で、、その内容が誇張されてるのは必至だと思って間違いない某ケンミンショーなる番組。
その番組内で、東 京一郎なるサラリーマンの転勤を軸に、、各都道府県を紹介するコンテンツがありますが、先々週くらいから広島でした。

録画してた今週の木曜の放送をようやく見たわけですが・・・
その劇中で
「奥さんをTVで見たんよ、、いやぁ〜、キレイなかったのぉ〜」
「いや。。。失礼ですよ。。どちらかというとキレイな方だと思うんですが・・・」なんてやり取りがありました。

広島弁をネイティブに操る(笑)わたしからすれば、、最初、何の違和感もなかったわけです。
番組内でも解説(?)されてましたが・・・「キレイなかったのぉ〜」は「キレイだった」の広島弁です。

あえて、区切りを入れるなら「キレイな」「かった」です。
「キレイな人」「だった」ってイメージなんですが・・・「キレイ」「なかった」と、、区切ると、、キレイが消滅=キレイでないに聞こえるんですねぇ。。。

あの番組は・・・局地的かつ時限的な話題を、、その県特有なムーブメントと表現する時があるので・・・あくまでバラエティーとして捉えてますが・・・
今回のように、、他のエリアの人には違和感を与えるもしくは、、逆の意味を有する方言を再確認するには「アリ」な番組だなぁって思ったりします。


posted by 司馬 at 00:00| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。