2013年02月19日

マスク装着

広島市内でもインフルエンザが・・スゴク流行ってるエリアと、そうでもないエリアがあるみたいです。

予防策としては・・・
極力、人が集まる場所には出向かない
スーパーの惣菜コーナーで、オープンに陳列されてる揚げ物や焼きモノには手を出さない
あとは・・・マスクを装着するくらいですか。。。

マスクに関しては・・・予防っていうよりは、、拡散防止の意味が高いと思われますが
何となく装着してるだけで、、鼻、口周りの湿度が上がって、、予防できてるような気がします。

その「マスク」ですが
上下に関しては・・・密着度を上げるために、、鼻部分をフレキシブルに曲げれるワイヤーが入ってる方が上ってのはわかります。
上下がわかった上で、マスクの裏・表って・・・どっちがどっち?って思い、調べてみました。

msk_01.JPGなるほど・・・装着した際、表になる側が・・・下向きプリーツになるのが表。
その理由も・・・
プリーツが上向きの状態でマスクを使ってしまうと上向きになったプリーツの中にゴミや花粉やウィルスなどが溜まってしまいます。
そのまま使い続けるとウィルスの繁殖を助けてしまうことにもなりかねませんので、プリーツは必ず下向きにして着用しましょう!

なるほど・・と、納得できます。

ってことで、、マスクの裏・表の見極め(?)を理解したうえで、、街中でマスクを装着した人を確認すると・・・
意外と間違ってる人が多いことに気がついたりします。

posted by 司馬 at 00:00| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする