2018年08月05日

バッテリーの劣化

以前、使ってたスマホの107SHは…裏蓋を開けてバッテリーが交換できるタイプの端末でした。
バッテリーの劣化で、バッテリーが膨張し始めたリしても、バッテリーを交換すれば解決してました。

が…今回、機種変した「Xperia」のバッテリー交換は…”一応”不可の内蔵タイプ。
結局、キャリアへの割賦で購入してるわけですから、割賦期間途中でのハード交換は避けたいものです。

で、端末の寿命=バッテリーの寿命って考えれば、バッテリー寿命を長持ちさせるのが必至なわけです。


継ぎ足し充電は寿命を縮める。。。とか、全部使い切った後に充電開始する方がいい。。。とか
こと充電に関しては色々な都市伝説ライクな逸話があるものです。


なんてことを考えながら昨日の夜、新しいスマホを充電しようとしたら
画面に「いたわり充電を行ないますか?」ってメッセージ。

?「いたわり充電」?って何?って思い検索してみると
itawari.JPGへぇ〜、こんな機能があるんだって思いつつ「いたわり充電」をON。
20180805-092852.jpgなるほど…普段のわたしの生活スタイルから、、就寝中の充電はなだらかにしてといて、バッテリーに負担を掛けずに充電、活動開始する時間には満充電にしておくってプログラムみたいです<いたわり充電。

まぁ、メーカーがこれを「いたわり充電」=「電池の寿命を延ばすための充電」って言い切ってるわけですから、それに従ってもいいかなと。。。思い、設定したのでした。





広島ブログ


posted by 司馬 at 19:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。