2018年08月18日

寿司一貫 西条店

昨日、お墓参りに四国は愛媛県まで行きました。

広島市内を出たのが午後だったうえに、伯方島で高速を降りてパフェなんぞ食べたりしてて…
ん?日没時間までにお墓に行けるのか?って思い、周辺の日没時間を確認すると18:50。
ナビで到着時間を確認すると18:49(汗)

そんな時間にお墓参りに行ってから帰路についたわけですが、途中で晩御飯を食べましょうってことになりました。
まぁ、まだお盆休みの人も多い週末の夜、スシローやくら寿司、はま寿司等のチェーン店の回転寿司屋さんはどこも大盛況。

これは全国チェーンでない地場の回転寿司屋さんで地元ネタなんかが食べたいなと思ってたところで見つけたのが
DSC_0085.jpg寿司一貫」って看板のお店。
DSCPDC_0000_BURST20180817204611444.jpg高知が本社の回転寿司チェーンでした。

営業時間が〜21時までの中、入店したのが20時過ぎ(汗)
DSC_0080.jpg回転レーンがちょっと寂しいのは仕方ないですかね。。。
テーブルにはDSC_0077.jpg DSC_0079.jpgたまり醤油といりこ醤油がありましたので、両方を小皿に。。。両方をつけて食べた感想は…個人的には「いりこ醤油」かなと。。。
DSC_0078.jpg大トロDSC_0082.jpg炙りサーモンにゆず味噌が乗ってるネタをはじめとして
DSC_0081.jpg思わず色々とオーダー(汗)
DSC_0084.jpg炙りの生エビなど、、どれも美味しいお寿司でした。

全国チェーンのようなタッチパネルではなく、伝票に手書きでオーダーするスタイルでしたが、その良さを感じたのは…
メニューにあった「炙り塩鯛」をオーダーしたら、、閉店時間間際ってこともあり、店員さんから言われたのは「鯛が終わりまして・・・」
続いて言われたのは「カンパチの炙り塩でしたら出来ますけど」でした。
DSC_0083.jpgはたして出てきた「炙り塩カンパチ」は肉厚で、炙られて香ばしく美味しいネタでした。
タッチパネルのオーダーだと、「炙り塩鯛」が「売り切れ」って表示で終わってたかもしれませんが、アナログよろしく紙でオーダーしたからこそ、代替の「カンパチ」で「炙り塩」を出してもらえたわけです。

そんなネタ切れのメニューに柔軟に対応できる店員さんのいる「寿司一貫 西条店」での晩御飯でした。





広島ブログ


ラベル:回転寿司
posted by 司馬 at 18:34| Comment(0) | ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。