2019年03月27日

アルファ版α版?ベータ版β晩?

先日、Googleマップが結構、怪しいことになってるってのを綴りました。
ベースとなる地図がZENRINからGoogleに変更になってるってことで、色々と問題が発生してるんじゃないか?って話と、そんな中、徒歩ナビにARが実装されてる=β版がスタートしてるって話でした。
で…Screenshot_20190325-164959.jpgARナビの画面をよくよく確認してみると右上には斜に構えた「ALPHA」の文字(汗)
β版ではなくα版でしたか。。。orz

Webで色々と検索してみると、ベースの地図の精度が落ちているからナビのルート案内もおかしいなんて情報もチラホラ。

行ったことのない場所でGoogleマップ=ナビ機能を使った時に不具合=得体のしれないルートを引かれるのもイヤだなぁ。。。
って思い、とりあえず生活圏内で「Googleナビ」を使ってみて、その案内にどのような不具合があるか確認しておいた方がいいかなと思いました。

高速道路やバイパスを含まない一般道でのナビルートは…これといって変なルートを引いてるわけでもなく、その案内には問題ありません。
ただ、ちょっと気になったのは新しい機能?
20190327-140405.jpgルート案内中に画面を上にスワイプすると出てくる「レポート」って項目。
タップすると「レポートの追加」って表示とともに「安全な状況でのみタップしてください」って注意書きとともに、その下には「衝突事故」「スピード違反取締」「軽い渋滞」って項目。

ユーザーを通じた情報の共有よろしく、リアルタイムなプローブ情報を求めてるんでしょう。
個人的には2番目の「スピード違反取締」なんてのは大歓迎な情報です。

が…「おっ!取り締まりやってるゎ、、よし!グーグルで情報共有だ!」ってスマホの画面を凝視して、タップしてる時点で危険な気がします。

ここは…ナビを起動中には「OK!グーグル!ここでスピード違反取締!」って発声するとフィードバックするようになればいいのかなと…(汗)


ってことで、ZENRINの地図と袂を分かったグーグルマップとその地図を利用したナビゲーションが今後、どのように変化(進化?退化?)するか見届けたいなと思ったでした。





広島ブログ

posted by 司馬 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする