2019年08月29日

キャッシュレス決済

ここ:ブログを読み返すに12年前には、携帯のFelica機能を使った「エディ」=電子マネーを使ってます。
その後、モバイルSuicaやnanacoも導入。。。いわゆる「NFC」通信を使った「おサイフケータイ」ってのでキャッシュレス決済を経験してきたわけですが…

気がつけば…今やQRコード決済が主流?となり
「ペイペイ」や「LINEペイ」、「メルペイ」なんてのが台頭してきてます。

携帯の電源が入ってなくても決済できる「NFC」=EdyやSuicaの方が便利でしょって思ってましたが・・・
QRコードを使った決済…特にペイペイのキャッシュバックっていうか付与?還元?率の高さに・・・導入しないのは損だなぁって思い導入。

ただ…あまりに増え続ける「キャッシュレス決済」=ほにゃららペイに混乱しつつ、ある程度は整理した方がいいのかなと思い…とりあえず、QRコード系は「ペイペイ」のみにしてました(過去形)

そんな中、先日始めたフリマアプリの「メルカリ」
売れた商品の代金を…現金化しようとすると手数料が200円(汗)
ある程度貯まってから、現金化=登録の銀行口座に振り込みかなって思ってました。

が…出品>取引完了の売り上げを、手数料を払って自身の銀行口座へ振り込みしなくても、コンビニ等で使える「メルペイ」で使えるみたいです。
20190829-221225.jpgこの「メルペイ」の画面を確認してみると、確かに売れた商品の代金が「メルペイ残高」として残ってます。
この「残高」がコンビニはじめ、いろいろなとこで使えるみたいです。

で…その支払いには「バーコード」か「QRコード」を表示して支払うコード払いもしくは20190829-221250.jpg「NFC」を使った「iD」払いが選べます。


手数料200円払って現金化=銀行口座に振込してもらうよりも、「iD」払いで使ったほうがお得かなと思いつつ、またキャッシュレス決済の方法が「メルカリコード払い」然り、「iD払い」と、増えてしまったなぁ。。。ってのが正直な思い。


結局、国内の企業が囲い込みのために色々と独自の決済方法を提供してる間に、外国の企業に乗っ取られるって…これまでにも見かけた構図になるんでない?って思った…タイトル「キャッレス決済」でした。





広島ブログ


posted by 司馬 at 22:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。