2008年06月15日

創作料理

一時期、和をはじめイタリアンやフレンチなどなど・・・既製のメニューに一工夫凝らしたメニューを出す飲食店を創作和風料理、、創作フレンチなどと呼び、その類のお店が筍のように溢れた時期がありました。

やはり、奇を衒った料理ばかり出して、、味は・・・・???って店は淘汰されていき、お値段もリーズナブルで味も美味しいとこが生き残ってるのは自然の摂理でしょうか。。。。

で、中華料理ってのは広東、四川と流れはあれど・・・冒頭綴りました創作中華ってのはあまり見受けないのは・・・やはり歴史が長いからなんでしょうか?

広島市内の中心部にありますCIMG3707.JPG中華料理「家座富」(かざふ)って中華料理屋さん。
料理は四川をベース(だと思います)ですが・・・店内の雰囲気や器。。。そして意外(?)にワインの品揃えが充実してることも手伝って、、創作料理店な装いのお店です。

頼んだのはコースで
CIMG3690.JPG海鮮生春巻き
CIMG3692.JPGフカヒレスープ
CIMG3693.JPG点心
CIMG3694.JPG豚肉とゴーヤの炒めもの
CIMG3695.JPGハモの揚げもの
CIMG3698.JPGエビチリ
CIMG3700.JPG冷麺
CIMG3701.JPG杏仁豆腐
画像の大皿は4人前ですが・・・量も満足、、お味も満足でした。

この料理が丸くて端に龍とか書いてある大皿で出てきて・・・テーブル中央がクルクルと回れば(笑)思い切りThe・中華料理(笑)なんでしょうけど、、ちょっと変わった形のお皿で出てきて、、
CIMG3689.JPG店内の雰囲気も吹き抜けの天井からクルクルと扇風機が回って、間接照明を使われてると・・・
創作料理っぽく見えるんですよねぇ。。。

ってことで、、久々(?)の外食ネタでした(笑)


posted by 司馬 at 23:18| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。