2008年11月21日

4WS

先日、レンタルが開始された「スピードレーサー」のDVDを見てました。
speed_3_800.jpg劇中に出てくるマッハ号はじめとするレーシングカー
ほとんどが、後輪も動いてる・・・4WSです。

そういえば、、その昔、各車メーカーから4WS搭載のモデルが出てたなぁってのを思い出したりしました。
友人が新車で買ったホンダのプレリュード。これには、機械式の4WSが搭載されてました。
操舵角が浅い時には、前輪と同位に後輪が動き、操舵角が深い時には、逆に動いてました。

高速などのレーンチェンジでは、、操舵角が小さくすみ、、車庫入れ等では、小回りが効くってことでしたが・・・実際、運転させてもらうと、、、車庫入れでは、、思った以上に切れ込んで、、何度も切り返し。。。
高速でのレーンチェンジでは・・・車線をまたいでしまうのではないかと思うくらいに、、クイッキー(笑)な動き

こりゃ。。慣れないと危ないなぁ。。ってのが第一印象。
でも、そのプレリュードオーナーからは。。慣れると、、この車しか乗れない。。っていうか、、他の車だと操舵角を大きく取らないと動きが遅いって事を言ってました。

確か、マツダのカペラ(笑)は、、ホンダの機械式とは異なる方式の4WSシステムを載せてたと記憶してますが・・・いつの頃からですかねぇ。。どこの車メーカーも4WSの開発を止めてしまったのは・・・

考え方としては、、いいシステムだとは思うんですが<4WSシステム
posted by 司馬 at 22:16| 広島 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そう言えば、そんなシステム流行りましたよね〜

確かマツダのセンティアにも着いてた記憶が。。。

う〜ん。。。懐かしい。。。ヽ(´▽`)/〜♪
Posted by ドラゴン at 2008年11月21日 23:08
消防車の、40mや50m級のハシゴを持つハシゴ車なんかには、3軸だから、4WSとは言わないかも知れませんが、一番前の車軸と一番後ろの車軸のタイヤにステア機能が付いてます。

デカい車の割には、やっぱり小回りがきくそうです。


以上、現役の消防団員がお伝えしました。
Posted by たっこめ at 2008年11月22日 00:20
興味深いブログですね〜。seesaaのランキングサイトから飛んできました。私はホテルマンをしています。
旅やアウトドアは人の心を豊かにさせますねー。
秋や年末年始の旅行の予定は決まりましたか?
楽天でブログを書いてます。
http://plaza.rakuten.co.jp/hotelman/

私のオススメ!!!
楽天トラベルの「ありがとう1億人突破!大感謝祭!」10/29〜12/25
http://travelrakuten.zz.tc/special100million

★相互リンクを張りませんか?
リンク仲間現在522名(2008/11/19現在)
よろしくお願いします。こちらにメール下さい。
plaza.rakuten.hotelman@gmail.com
(URLとブログ名を明記して下さい)
ではまた来ます。
Posted by ホテルマン at 2008年11月22日 06:55
GT-Rってもう4WS搭載してないんでしたっけ?日産は結構こだわっていたような…

4WSの一番の欠点は後部座席で感じる違和感だと思います。重心に近い運転席と助手席はいいんですが、重心から離れてる後部座席ではコーナリングの方向と体に加わる荷重の方向が合わない(位相が合わないとでもいいますか)ので、気持ち悪くなるんですよ…カペラの後席での体験しました(^^;
Posted by コルとん at 2008年11月22日 09:42
ドラゴンさん
>そう言えば、そんなシステム流行りましたよね〜
まさに・・そういえばって感じで、、今の若い人は4WSなんて知らないかもしれません(笑)

たっこめさん
>一番前の車軸と一番後ろの車軸のタイヤにステア機能が付いてます
消防車ってのは、、大きいのは当たり前ですが、小回りも効かないといけないって事なんでしょうねぇ

ホテルマンさん
ご訪問&コメントありがとございます。
また、そちらへも訪問させて頂きます。

コルとんさん
>日産は結構こだわっていたような…
そういえば、、マルチリンク+4WSってお家芸がありましたねぇ。。忘れてました
文中に綴ったプレリュード、、運転席or助手席のみで、、後部座席は未経験でしたが、、なるほど、、後部座席の違和感ってのは乗ってないとわかりませんねぇ。。。
Posted by zeek at 2008年11月22日 18:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック