2009年11月03日

デフレ・インフレ

いつもいつも、、子供みたいな内容しか綴ってないので・・・たまには42歳オッサンが綴るような内容を(笑)

先の衆議院選挙で政権交代がなされました。
で、、ここ数週間の報道では・・・歳入を上回る国債発行???なんて騒がれてます。
そんな中、、街頭インタビューとかで「マニュフェスト実行or国債発行」なんて二択な質問がされてるのを見ます。

その質問に対して
「やっぱり、、子供達の次世代に借金を残すのはよろしくないので、、国債を発行するのは・・・ちょっと。。。」ってな感じの答えをしてる人を多くみます。

・・・次世代への借金を残すって・・・そんな先の話ではないんですよねぇ。。。
国債を発行して、、その国債を購入するのはダレ?
(ちなみに、、先進国で、、個人向け国債なんて発行してるのは日本だけです)
国債を購入する・・・っていうより、、買わされるのは銀行等の金融機関。
国債を買った金融機関は、手持ちの資金が減る=自己資本率が下がるので、、何とか利益を出そうとします。
その「何とか利益を出そうとする」結果として、、静香さんが気にかけてる、、中小企業への貸し渋り(もしくは貸し剥がし)だったり、、新規融資の金利UPです。

運転資金や設備投資に必要な資金を借り入れしようとすると、、その金利が高くなるわけですから・・・企業がすることは・・・
粗利を確保するための、、リストラや、、価格への転嫁です。

つまり、赤字国債を大量に発行すれば、、それは所得の減少とモノの値段の上昇:インフレをWで引き起こす可能性があるわけです。
悠長に、、「子供や孫の世代に借金の先送り・・・」なんてことを言ってる状態ではないんです。

為替にしたって・・・内需が高まりつつある中での円高は歓迎ですが、未だ外需頼みの中の円高。。。
トヨタやホンダの法人税が減って愛知県は大変なんじゃない?って思ってしまいます。
今のご時世、ルイ・ヴィトンのカバンが安くなってもお腹は膨らまないんです。

このまま、、今の政権が修正舵を切らずに暴走し続けると・・・怖いです。
ここ数年、外食や小売で、、モノの値段が下がってきてるのは、、企業努力の賜物だと思います。
その企業努力もこのままでは・・・追いつかなくなって、価格改定も辞さないでしょう。。。



でも・・・(ここからはいつもの方向性の内容)
昨日、買った某スーパーのお弁当
R0011832.jpgコロッケにエビフライに少量(笑)の焼きソバ・・・副材としてポテトサラダと沢庵
これでR0011833.jpg198円・・・・・ここまで安いと、どこの産地の食材で、どんな製法(?)で作ってるのか???って疑問も出てきます。
容器だけでも結構なお値段なはずです。

まぁ、これも・・・大量仕入れ、大量加工によるコストカットによる低価格の実現って・・・いわゆる企業努力なんでしょうけど、、こんな企業努力を無にするような国策で暴走することはない、、与党であって欲しいと思うのでした。
posted by 司馬 at 00:00| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック