2009年11月16日

5W-20

オイルにしても、ガソリンにしても、添加剤の類はノーマークです。
それを入れることで、何がどうなるか?よくわからないし・・・
もしも実際に燃費やレスポンスが向上するのであれば、それはそれで開発費の桁が違う自動車メーカーが採用しないわけないゎなぁ。。。と、巷に溢れてる燃費向上グッズ(通称?オカルトグッズ)と同じ類なのかな。。。<ケミカル

んなことを思いながらも、先月、奨められるままに入れてみたガソリン添加剤
S-12_230px-thumb-230xauto.jpgおそらく、入れてから1000キロちょっと走ったくらいから・・・燃費がよくなってるんですよねぇ。。。
まぁ、夏だろうと冬だろうと、エアコンのスイッチは常時ONなわたしですが、この添加剤を入れる前と入れた後では、涼しく(寒く?)なって、コンプレッサーの稼動頻度も低くなってるってのが、燃費がよくなってる最大要因かもしれませんが(笑)

去年の今頃の燃費と比較2008.11nenpi.jpgしても、
一般道オンリーでR0011977.jpg11.5キロと、、なんかイイんですよねぇ。。。

過走行なエンジンで、ガソリン添加剤によって、バルブやインジェクション辺りのスラッジが取れたりしたんでしょうか。。。
そうなってくると・・・これまであまり考えずに、、10W-30でオイル交換してましたが・・・純正指定の5W-20を入れてみようか。。。なんて思ったりします。

でも・・・12万キロを超えて、、突然、そんなシャバシャバ(笑)なオイルにすると・・・いろんなとこから染み出してきそうだなぁ。。。(笑)と思ったりもしてます。

ヘタに変わったことしないほうがいいのかなぁ。。。。
posted by 司馬 at 00:00| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | コルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オイルの粘度、かなり効果がありますよ。
うちのデミオですが、
長い間0w-30を使用していました、
純正指定の10w-30より冬場だと確実に判るだけ伸びていました。
ただ、ここのところ、エンジンからのガサい音が気になり出したので、前前回から10w-30にしています。
確実に燃費が落ちているので、効果はあったのだと確信しています。

柔らかいオイルは音がガサくなるのが難点ですね。
Posted by かなぴ at 2009年11月17日 23:57
>柔らかいオイルは音がガサくなるのが難点ですね。

量販店に勤める友人や、ディーラーの整備の人から、同様な話<音がうるさい
を聞いてましたが、、実際、ユーザーが聞き取れる(?)レベルですか?<音

うちのコルトは遮音辺りが疎かになってるので・・・
5Wもしくは0Wなオイルを入れて、、ボンネットに遮音材を貼り付けてみましょうかねぇ。。。と思ったりしてるとこです
Posted by 司馬 at 2009年11月18日 21:06
デミオ・アベニール共に判るレベルですよ。

ただ、オイル劣化した時と同じような音になるので、10w-30あたりのが劣化してから変えると気にならないと思われます。
0w-30は結構マシですが、0w-20は明らかにエンジン音がノイジーになります。
今、ステージアは5w-40使ってますが、こちらは静かです。(0w-30入れる勇気がなかった)
言っても、0w-30は結構良い値段のオイルだし、5w-40なんて。。。。
それに対して0w-20の価格だと単価倍以上違うから良くて当然かも(爆)
Posted by かなぴ at 2009年11月19日 00:05
>0w-30は結構マシですが、0w-20は明らかにエンジン音がノイジーになります。

上が30か20かってことで考えると・・・やはり20の方がノイズが出るってことですかねぇ。。。
距離も進んでて、、圧縮比も落ちてきてるでしょうから・・・燃費を考えてオイルを選択するにしても・・・
上の20は避けて30にするのが無難ですかねぇ。。。
Posted by 司馬 at 2009年11月20日 00:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック