2009年11月27日

老舗のアドバンテージ

わたしは、元・喫煙者(笑)と、いうよりは・・・現・休煙者というのが正しい。。。。。と、思っているのは、いつ?またタバコを吸い始めてしまうかわからないから(汗)

血中のニコチン濃度が減って、、イライラしてしまい、、ついタバコを口にしてしまう。。。って状態は、とりあえずクリアしてます。
煙絶ち直後は・・・このニコチンを補充するのに、ニコレットガムをモグモグしてましたが、そのモグモグしてたのも、、2、3日で終わりました。

で、、今でも・・・ふと吸いたくなるっていうのは・・・チェーンスモーカーっていうんでしょうか。。。習慣的にタバコを口にくわえてた癖が抜けてないんだと思います。
ってことで、、最近、よくTVショッピングなどで見かけるようになった
P1000277.JPG「電子タバコ」も今年の春に導入してたりしました(笑)

でも、、結局は。。。口寂しいのを誤魔化すのに適してるのは・・・ガムだったりタブレットなんでしょう。。。
習慣化してしまった喫煙って「作業」の代わりに、、何かアクションを起こす=ガムを噛んだり、タブレットを口に放り込む。

で・・・その代用品として、いつもわたしのポケットに入ってるのは・・・コレ
R0012066.jpg元祖(?)っていうか、、老舗(笑)の『フリスク』か、、『ミンティア』

コンビニで買うと・・・

『フリスク』197円
『ミンティア』100円

パッと見て、、フリスクの方が厚みがあるので・・・値段の差は容量の差なんだろうな。。。と思ってました。

が・・・よ〜く、パッケージを読んでみると
R0012065.jpgフリスクもR0012067.jpgミンティアも・・・
同じく50粒の7gってなってますし、、成分表示や原材料の内訳もほとんど同じです。。。

容量も同じ、、中身の成分もほぼ同じ・・・なのに、、お値段は倍半分?????

やはり、後発のミンティアが値段で勝負しないと勝負にならないのか?
それとも、、老舗のフリスクには、、その開拓者ライクなアドバンテージがあるのか?

なんて、考えたりしましたが・・・使い勝手(?)といいましょうか。。。パっと手にとって、、容器から取り出す際は・・・やはり、、フリスクの方が使い易いような気がします。

でも・・・その使い勝手にほぼ、倍の値段を出すのってどうよ??(笑)
ん~、、量が多いと思ってたから、、なんとなく老舗(笑)な『フリスク』を買ってましたが・・・ある意味、喫煙の代用として使ってて、いずれは無くてもいい方向に持っていきたいんですから・・・

安いに越したこたぁないねぇ。。ってことで、、明日からは『ミンティア』にしようと思ったのでした。


posted by 司馬 at 00:00| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。