2010年03月26日

ラフティ

今日の広島県地方は・・・寒の戻りといいましょうか、花冷えな一日でした。
って、よくよくここを読み返すと、去年の同じ日3月26日も同じように寒い日だった模様です。

にしても、3月も終わりだというのに寒いゎぁと思いながらの午前中、山陽道を上ってお隣の東広島へ行ってましたが、高速道路から見る北側の山々は、、薄っすらと白くなってました。

そんな寒い1日なうえに、日が沈んだ後は更に寒さが増してきまして、、なんか温かいモノが食べたいなぁと思いながら、車での移動中。
以前から気になってた沖縄料理のお店の看板が目に入り、ソーキそば食べたいなぁ。。。ってことで・・・
R0012645.jpg「ゆんたく」ってお店へ行ってみました。

オーダーしたのはR0012643.jpgラフティこと豚の角煮と
R0012644.jpgソーキそば

このラフティ美味い!!!思わず、マスターに美味いですねぇと声をかけると・・・
宮古島から豚肉を仕入れてますから キリッ

マスターは沖縄出身なんですか?との問いに、宮古島近くの多良間島出身とのこと。
その多良間島出身のマスターがなぜに?広島でお店を???との問いには・・・
奥さんに連れられて・・・と、なぜか?小声(笑)

にしても、店内を見ると「おかげさまで9周年」なんてPOPが壁に貼ってあります。
え〜??そんな前からあったんだぁ。。。って感心すると同時に、、わたし自身がいつ頃からこのお店が気になってたのかなぁと思い返すと・・・
2007年に2泊 3日沖縄に行った後からだったんじゃないかなぁと思います。

沖縄で食べた「ソーキそば」が美味しかったから、、広島市内で見かけた沖縄料理の看板が気になってたんでしょう。
実際、今日食べた「ソーキそば」は
2007年に沖縄CIMG0853.JPGで食べたCIMG0849.JPGソーキそばと、比べても勝るとも劣らずで、、とても美味しかったです。

沖縄で食べたソーキそばよりも、美味しかったってことで、、本場(?)と比較できたってのもあって満足度はよりUPしたわけです。

そう考えると、広島で沖縄出身のオーナーが提供する沖縄料理を食べに来てるお客さんは・・・わたしと同じように、一度は沖縄に行ってる人が多いのかなぁと思ったのでした。

posted by 司馬 at 23:59| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ごはん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック