2011年03月11日

地震

午後3時前、用事を済ませて、、車に乗って・・・エンジンを掛けたと同時に画面に映ったのは、お台場のTV局と、その後方で黒々と立ち上る煙。。。の画。
「え?お台場で火事?」って思ってチャンネルを確認すると、お台場を映してるのは汐留のTV局。

ん?って思いながらザッピングしてると、、どこのTV局も同じような映像。
地震でした。

あっちこっちザッピングしてましたが、結局、国営放送に落ち着いて、見てました。
怖いです。。。見てて鳥肌が立ちました。
9.11のテロの時のTV放送と同じような感覚、、現実に起こってるとは思えない映像がTVに映し出されてました。

帰宅して、CNNを見てると、、TOPNEWSで「TSUNAMI」って文字が大きく出てました。
7Mや10Mの津波って・・・映画の中くらいのことだと思ってました。


何が出来るわけでもないですが・・・このように災害があった時、もし?このような災害が自分に降り掛かった場合にどうする?ってのを考え直すことにしてます。
約1年前にも、同じようなことを綴ってますが、やはり、避難場所の確認をすると同時に、家族が離れてる時に災害に遭遇した場合に、どこで落ち合う(どこへ避難する)かを話し合ったのでした。

被災地の方々におかれましてはお見舞い申し上げます。
posted by 司馬 at 00:00| 広島 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
移動途中で帰宅困難となり3時間半程かけて歩いて帰りましたが、今回、役に立ったのは数日前に契約したばかりWiMAXとiPod Touch。帰宅路は、以前に散歩したりしていたところもあるので、ある程度は分かってましたが、分からないところは現在位置を確認しながら経路検索してました。スマートフォンで確認されている方も多数いらっしゃり、ガラケーよりもスマートフォンの方が情報量的にも優れているようです。私もWiMAX+iPodがなかったら帰れなかった(帰らなかった)と思います。

一方、嫁と通話は出来なかったもののメールで連絡がとれ、家族には災害伝言板経由で確認がとれました。docomoは比較的、繋がってましたが、auやsoftbankの同僚とはなかなか繋がりませんでした。

今回の経験から、常に持ち歩くべきものとして

 ・携帯電話用の充電器と予備電池
 ・ペットボトルの水
 ・エネルギーを補給用スナック(チョコバー等)
 ・マスク(複数枚)
 ・体を温められるホッカイロ
 ・寒さを防ぐための新聞紙
 ・これらを入れて背負ったり、たすき掛けできるカバン

です。避難場所が用意されるまで約5〜6時間かかっていますので、この間、体を冷やさずに水分とエネルギーの確保が必須かと。夏ならば、帽子と予備のシャツがあった方が良いかと思います。
Posted by みっぷー at 2011年03月15日 21:59
ご無事で何よりです。

>docomoは比較的、繋がってましたが、auやsoftbankの同僚とはなかなか繋がりませんでした。
やはり、災害時には・・・DOCOMOですか

>今回の経験から、常に持ち歩くべきもの
パっと考えて、水や防寒具などは思いつきますが、エネルギーを補給用スナックは・・・
なるほど、かさばらず、最低限のカロリー摂取か。。。と納得しました。

電力供給や原発等、、しばらくは色々と大変だと思いますが、お気をつけください。
Posted by 司馬 at 2011年03月16日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック