2011年10月13日

広島のガソリン単価

先日行った福岡にしても、去年行った神戸にしても・・・燃費は置いといて、その燃料タンクの違いもあってか
コルトだと、出先(笑)で給油、JUKEだとノン給油で往復したりしてます。

片道300キロ×2=600キロを走破するのに、、コルトの燃料タンクは42ℓ、JUKEのそれは52ℓ
出先で給油するか否かに判断に、この10ℓの差は大きいです。

今回の福岡にしても、、福岡で給油ランプが点灯したので、、帰りの高速に乗る前に30ℓ給油、その際の単価が@142円でした。
で・・・広島に帰って、、今日、満タン給油した際の単価は・・・@133円でした。
過去の記憶を辿ると・・・ガソリン単価は福岡にしろ神戸にしろ、、広島の方が安いです。

そんな今回の福岡往復の燃費は・・・
804.5キロの走行距離に対して給油量が30+34.2=64.2ℓ
単純に満タン方で距離を給油量で割ると12.53キロ/ℓの平均燃費です。

で・・・いつものごとく、、前後の給油データを加えると、、一般道と高速道での燃費に按分されたデータが出てきます。
2011-10-13.JPG
一般道:9.74キロ/ℓ
高速道:14.69キロ/ℓ

福岡で給油ランプが点灯した際にリセットしたトリップB。。。
今日ふたたび点灯し始めた時のトリップBが418キロを表示してた・・・
つまり≒418÷30=13.9キロ/ℓってのと、メンテンナスマネージャで表示されてる高速道の燃費数値を比較すると・・・ある程度正しい数値ってのを確認できました。

にしても、、やはり連休中ってこともあり、福岡市内も結構な渋滞にハマってましたから
12.53キロ/ℓ辺りの燃費は・・・それ程、悪い数値でもないかなぁと思ったのでした。

ただ・・・地域によってガソリン単価に差があるんですから・・・
今後は、1ℓで何キロ走れたって表示よりも、、1キロ走るのに、いくらのお金を要したって燃費表示の方が正しいのかもしれません。



・・・昔、乗ってた某ドイツ車のインパネに表示されてた燃費の数字は、走行距離1キロに要したガソリン消費量を表示=表示された数字が小さければ小さい程、燃費(効率?)がいい数字でした。
が・・・日本車の燃費=数字が大きくなればなるほど燃費が良いってのが頭の中にあるためか、、、燃費運転をすればする程小さく表示される数字に違和感を覚えたのも事実です。
posted by 司馬 at 22:31| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック