2011年10月27日

ETCゲート

先週、行った山陰は鳥取方面。
朝9時までに高速に入って、100キロまでは半額の通勤割引狙いで出発しました。

入口インターチェンジの手前で、2車線ある幹線道路のうち、入口に連絡してる左車線が渋滞。
この渋滞の最後尾に着いた時点で時計を確認すると・・・8:56

ん〜、、9時直前にインターチェンジに突入することは多々あれど・・・ここ場所でここまで渋滞してた記憶はないなぁ。。。
まぁ、9時までにゲートをくぐれなかったとしても、それはそれで仕方ないかぁと思いつつ、、渋滞の中、ノソノソと進みまして
結果、、ギリッギリの8:59にETCゲートを通過して通勤割引の適用になりました。


が・・・これまで、9時前に渋滞してた記憶のないインターチェンジで、、なぜ?渋滞してたのか?


このインターチェンジには、2つのETCゲートがあります。
一つはETCのみ、残りがETC+一般って表示になってます。
この日は・・・ETCのみのゲート上に表示されてる「赤・青」の信号が・・・どちらも点いてませんでした。
ってことで、、車列のほとんどは「ETC+一般」のゲートに並んでます。
わたしも「ETC+一般」のゲートから高速に突入しました。

「ETC+一般」のゲートを通過した直後、、ルームミラーを見てると・・・「ETCのみ」のゲートを通過して高速に入ってくる車が確認できました。
ETCのみのゲートは・・・「青」も点いてないけど、、「赤」も点いてない=通過可能だったみたいです。


でも・・・結局、2つあるゲートのうち、、ETCのみのゲートに進む車は少数派で・・・
ETC+一般ゲートに車が集中>実際、停まってチケットを受け取る車も有り、そんな状態が続いた結果、インターチェンジ手前の渋滞になってたのではないか?と思われます。

わたしは何とか9時までのゲート通過で通勤割引の恩恵を受けれたから、、冷静ですが(笑)
このETCゲートの信号不良(もしくは青の球切れ?)によって渋滞が発生>通勤割引の恩恵を享受できてなかったら・・・ネクスコに物申してたかもしれません(汗)

設備のメンテはしっかりして欲しいですねぇ


posted by 司馬 at 22:18| 広島 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
高速道路や1桁国道等の重要路線は、基本的に予防保守という考え方の元で球切れ等の不具合が起きる前に交換をしていたんですが、民営化&民主党による事業仕分け等で道路維持予算が厳しくなっているようです。なので、こういう地方路線にしわ寄せが行っているのではないかと…
Posted by みっぷー at 2011年10月30日 22:36
>基本的に予防保守という考え方の元で球切れ等の不具合が起きる前に交換
今回の逆パターン=進入禁止の赤が球切れで消灯してたら・・・
確実に、バーを圧し折る車がいたと思います。

>こういう地方路線にしわ寄せが行っているのではないかと…
道路横に生い茂る雑草(?)の駆除もままならい状態のバイパスも増えてます。
事業仕分けで減らされた予算で、天下りの方々の報酬はキープしたしわ寄せが下請けへ・・・
幹線道路のパトロール巡回の回数が減ってるって話しは聞いたことがあります。
Posted by 司馬 at 2011年10月31日 21:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。