2011年12月15日

ラーメン空白地帯

広島のソウルフード(笑)といえば、、お好み焼き。
その価格帯は、、500円辺りを底に、、トッピングなどを豪華(?)にすれば1,000円から1,500円にも達してしまうって感じ・・・
その価格帯で被るのが「ラーメン」なんでしょうかねぇ。。。

毎日、ラーメンが食べれるか?って問いにはNOですが、、毎日、お好み焼きが食べれるか?って問いには・・・即!YESってわけではないですが、悩ましい質問ではあります。

同じような価格帯で、、毎日でも食べれるかもしれない「お好み焼き」がソウルフードな広島ってのは、、今や国民食と呼ばれてる「ラーメン」にとっては空白地帯なのかもしれません。
と、思う程に、、ここ数年のラーメン屋さんの広島市内における出店スピードが加速してるような気がします。

どちらかといえば、、九州に近いってことで、、博多?長浜?ラーメンに関しては
R0012728.jpg一風堂はありましたが
一蘭は・・・R0013832.jpg広島に出店していませんでした。(画像はキャナルシティ内の一蘭)

そんな「一蘭」が今日、広島市内にオープン2011_12_15.jpgってことですが・・・どこまで行列が続いてるの?って感じの混雑に・・・今日はパスしました(汗)


まぁ、、個人的には・・・あの板で仕切られて、、一人黙々と食べるシステムは・・・

建前:味わうことに集中して欲しい。
本音:食べたら、とっとと出ていって客の回転率を上げたいゎ。

なんて・・・いつものごとく下衆の勘繰りで・・・キライなんですよねぇ(汗)
posted by 司馬 at 00:00| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック