2012年10月18日

終わりの始まり?

取り付けしたのが2008年の8月ですから、5年目に突入してるコルトのナビです。
無償のVer.UPも終わり、有償でのVer.UPも行ない、これと言って不具合もなく満足してます。

先日、とある立体駐車場へ駐車した後、動き始めたところ、立体駐車場=屋根の下=GPS電波をロストしてる状態の中
ナビ内の自車位置が・・・実際にいる場所から50キロくらい離れた場所に表示されてました。

ん?おかしいな。。。強制的に自車位置を、今いる場所に修正しようかと思いましたが、とりあえずナビが自己復旧するまで走ってみようかなと。。。
走ること5分で、、自車位置は実際、走ってる場所に戻ってきました。

こんなこと:突然、自車位置が飛ぶなんてことは、これまでなかったですし・・・
これはナビの「終わりの始まり」か?って不安がよぎりました。

それ以降、この時のように一気に場所が飛ぶようなことはありませんが、微妙に団地の中で1本隣の道を走ってたり
バイパスの上を走ってるのに側道を走ってたりと・・・微妙にズレることがありました。
もしかして?GPS信号が不安定になってる?って思ったりも

で・・・今日、ガソリンを給油した際、燃費を計算してくれる「車両メンテナンス」を入力しようとしたら
2012_10_18_01.jpg前回、ガソリンを入力してからの距離・・・っていうより
この「車両メンテナンス」内の全ての項目がリセットされてます。
オイル交換やタイヤローテーションの時期=距離が全て「設定なし」になってます。

2012_10_18_02.jpg他に距離に関係する画面を確認してみると
リセットした記憶のない「トリップ」が異常に短かったり、距離学習度のパラメータが減ってます。

つまり、ナビ内の距離に関するログが全て飛んだ模様です。
リセットした記憶のないトリップがリセットされてる時期が冒頭、綴った自車位置が遠くに飛んだときだと思われます。

距離以外の登録地や検索履歴などは消えていませんから、、距離に関するログだけが消えてる。。。orz
これが、ナビの「終わりの始まり」=故障の兆候ではないことを祈るのみです。



posted by 司馬 at 00:00| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | コルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。