2013年07月12日

徒花

R0016501.jpg今日、携帯電話の機種変してきました。
国産のスマホを発売日に購入してしまうって暴挙に出てしまったのが2年半前。

アンドロイドってOSが手間が掛かるOSだってのは理解した上で、、動きが怪しくなるたびにメモリーの解放系アプリを起動したりして、定期的に電源をOFF>再起動を施してました。

さらに、わたしの今のモバイル環境は
R0013476.jpgスマホ+
R0014895.jpgルーター+
R0015586.jpgタブレットのWi-Fiモデルです。

スマホの3Gを遮断、パケット料金を2段階にして、下限の390円/月に納めてWi-Fi運用することで、、月額の通信料を抑えてます。
が・・・このパケ料金の下限が390円で済むのは・・いわゆる3Gスマホと呼ばれる前世代までの機種でして
今時(汗)の4Gモデルだと、2段階の料金プランにしても下限は2,100円/月からになります。

つまり、現状
390+3,880-1400=2,870円/月で収まってるパケット料金が
2,100+3,880-1,400=4,580円/月・・・って1,710円の増。。。さらに付け加えるなら
その通信速度は4Gの方がルーターよりも速いわけですから、4G対応のスマホに替えたのにルーターの007Zを使うのは無意味です。

ってことは・・・コストパフォーマンスに優れたスマホ+ルーター+タブレットって組み合わせの中で
携帯を機種変するには今は昔(笑)、、の徒花とも呼べる3Gスマホを探してくるしかないわけです。

が・・・この春モデルからは全てのスマホが4Gモデル。
つまり、去年の冬モデルが3Gスマホの最終モデルってことになりまして、ここ数ヶ月、一括で買える3Gスマホを探してました。
そんな中、某家電量販店で一括0円かつ月々割も適用になるってステキな端末を発見。
それが冒頭、UPしたR0016501.jpg107SHでした。
型落ちなれど、一括で購入するとすれば2万円は超えるはずの端末が0円ってことは・・・何かしら条件があるんでしょうねぇ。。。
って確認すると、ホワイトプラン(無印)からホライトプラン(R)に変更になるのが条件ってことでした。

解約した時に解除料の発生しないホワイトプラン(無印)から、、2年以内に解約すると9,975円の解除料が発生するプランに変更するのが条件ってことは・・・
前世代の3Gスマホを在庫として抱えてても仕方ない。
その端末を0円で販売する条件として、解除料が発生するプランに変更=他社への乗り換えを抑止できるのなら安いもんだ!ってとこなのかもしれません。

そんな107SH
R0016502.jpgこれまでの003SHと比較すると小さくなってイイ感じです。
裏面の質感は003SHの方が上かもR0016503.jpg
R0016506.jpgでも画面の大きさは、ほとんど同じ。。。
OSも2.3から4.0にVer.UPしてますので動きも軽快かな>107SH

0円購入で、毎月490円の月々割ですから再来月からは・・・携帯電話料金がもう少し安く済みますねぇ。。。


広島ブログ


posted by 司馬 at 23:28| 広島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。