2015年05月18日

立場が変われば

わたしは普段の移動は車がメインです。
信号の無い横断歩道で、ある程度の流れが無い場合には・・・率先(?)して停止、歩行者に道路を横断してしてもらいます。
このとき、年配の人程、、小走りで横断される傾向が強いです。
逆に若い人程、慌てることなく、、まったり(ゆっくり)と横断する人が多いです。

慌てて小走りで横断される姿を車内から見て・・・「いや、、ゆっくり渡ってください」って思ってしまいます。

が・・・同じようなシチュエーションで、、わたしが歩行者の場合。
停まってくれた車に対する気持ちは・・・車列が途切れてから横断するから、そんな停まらなくても(汗)って思いながら小走りで横断します(笑)

そう考えると、わたしが車を運転してる時には、歩行者に慌てず横断してくださいって思い
自分が歩行者の時には、慌てて横断したくないから、自分のタイミングで横断するから放っておいて欲しいって思ってるみたいです(汗)


ってことで・・・ふと思ったのはタイトル:立場が変われば・・・色々な思いがあるんだなぁってことでした。


広島ブログ
posted by 司馬 at 00:00| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック