2015年11月28日

ハザードランプ

車を運転してて、脇道から主要道路へ合流する際に車列に入れてもらったり
渋滞の中、車線変更するのに入れてもらったりする際、、カッチンカッチン(って、今時の車だとリレー音ではなく、ピコピコって電子音?)ハザードランプを数回点ける=サンキューハザードって・・・ある程度、定着した感があります。

が・・・本来の「ハザードランプ」の使い方ってのは、緊急停止した場合とか、本来は停車してはいけない場所へ緊急回避的に停車してる場合とかだと思われます。

今日、市内中心部のとある片側1車線の通りでのこと(って画像見ればわかるとおり並木通り)
DSC_0352.JPG横断歩道に車体が掛かるくらいに停めてるのも如何なものか?って感じですが・・・
わたしの手前のワゴンRと対向車線のCX-5が、ほぼほぼ、真横に並んで停車(駐車)してます。

どちらの車両が、あとから停めたかは不明ですが、あとから停めた方が前後どちらかにズラして停車すれば、他の車がスムーズに走れると思うんですよねぇ。。。
どちらも車もここに停めないのが一番ですが・・・停めるなら停めるで、少し前後にズレて停めればいいのにねぇ。。。と思うと同時に、どこでもかしもでもハザードランプを点滅させてれば停車してもいい=免罪符ってわけではないんですよねぇ



広島ブログ
posted by 司馬 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック